『日本美の探求』 6 『建築の日本展』から   職人の感想文 6 戻ってきた!





   『坪庭』



町家の坪庭も細やかながらよく出来た装置で、緑があり四季を感じとれ、

日差しを採り込み、風を呼んだり、音に酔い、匂いも感じ、空からの雨を感じ、

物理的には感じられない自然の気配も感じます  …

 

まるで小さな宇宙のようですね

 

「小さな宇宙」といえば、日本人はコンパクトにする事が得意とされている

としばしば言われますが、家電なんかは日本人ってちっちゃくしてきましたよね

ウォークマンとか



でも、日本人が小さくまとめた代表格の一つとして「俳句」でしょうか?

たった十七文字の五七五で自然の移ろいを豊に表現しています。

 

少ない字数で広がりのある世界観を

 

字数が多いのは説明的であるという事でしょうか?

説明的であるとは、物事を限定してしまう事ですね



少ないは多い

多いは少ない



前回のブログとかぶってしまってますね (笑)

 

shitekiongaku.hatenadiary.jp





坪庭はある意味、建築空間の五七五でしょうか?












 

 

 

僕もいつか”鉋”の真理を五七五で表現したいものです。