読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私的鉋備忘録

カテゴリー表示のやり方が分からんのですが、タイトル下のカテゴリーをクリックするとそのカテゴリーが出て来ます。シリーズ化しているモノは時系列でお読み下さい。

 ゴメンネ♡  最後のブログって言ったけど今日面白いネタが有ったので!

 

 

 

 

     【鉋削りの"ほぼ"最難関の材】

 

 

 

 


今回の新調宮殿の天井板の荒材写真

f:id:shitekig:20170509030248j:plain

木目が判り良いように少し削ってます。

f:id:shitekig:20170509030312j:plain
左の材の真ん中辺りが"ボコッと起ってる"所をアップで注目!板に仕上げる事を

想像して下さい 笑

      其れと左材の木口に注目、見え難いけど平行に近い木目が見える。

エエ笹杢です!)

 

・材     台湾檜笹杢

・現状寸法   巾 一尺一寸×長さ 六尺七寸×厚み 四分
           (333×202×12㍉)

・仕上り寸法  巾 二尺九寸三分 × 長さ 六尺四寸三分 × 厚み 約二分
(三枚剥ぎ)          (887 × 1948 × 6㍉)

 

 材の台湾檜笹杢ですがご存知かも知れませんが乾燥材です。(笑)
この際厚みは関係無いのかな?  笑 笑!
伐採禁止からぁ〜 ? ?  この板30年経っていてもおかしくないのかな?

  思っクソ "完全乾燥材" と呼べます。

                    カチカチ …

 * 色
残念ながら今回集材した中で最も"赤い"くて台湾檜らしい佇まいと
成ります。


 今回は素木仕上げである為に残念ながら全て刃物仕上げで、ほぼ
柾目の木目を使用しています。

 


      "ほぼ" ?   


本新調宮殿は、軸部内が大変広く四室に別れています。

 是は、現況を踏襲して(現在の祀り方)新調宮殿の中に同じように
御祀りするという志向です。

f:id:shitekig:20170510190544j:plain

現況

 

f:id:shitekig:20170510124311j:plain

f:id:shitekig:20170510124329j:plain

新調軸部(柱は丸で、当然の事ながら長押は"真"を考えると回さないとダメなんですけど、

のっぴきならん感じでこの様な納まりに。)

f:id:shitekig:20170509030604j:plain

宮殿軸部平面図

【大唐破風屋根宮殿】(軸部〜)

・四本柱.

・下から〜地長押.腰内法貫.貫虹梁.頭貫.

・柱間装置〜正面六枚双折れ扉(藁座軸回し).脇引き戸(後嵌め殺し)

・太瓶束

・軸部内、外陣/内陣境に柱四本の三間

【補足】  宮殿内部外陣の中壇/下壇に供物を供へる雛壇を
有し、更に雛壇の上壇には、中尊に祖師が来られ、向かって右に
鬼子母神、左に七面大明神が来られる

 ・天井〜 鏡天井/格天井/折り上げ格天井

 ・軸部内柱筋中尊/脇陣に雲の幕下げ彫り

 

 

 

 

 

 


       『 この宮殿は荘厳具です!』

 

 

 

 

 建築の話しで恐縮ですが、近頃では"社寺風"のお寺や神社が、訳の
分かっていない工務店が施工していたりします。

   何が困るか?

        めっちゃ困ります!!!

 宗教施設で有り、宗教装置で有ります!

 

 

    宗教は 『 生きています!』

 

 

例えば、社寺には立派な塀も有りますし立派な門も有ります。
"塀"は、神聖な領域を現す外界からの結界で有りますし、
"門"は、人が通るには立派過ぎます(因みにボクん家にはあんなものは
有りません)、矢張り神聖なる領域に入するという気持にさせる
一つの装置としての役割が有ります。
 そしてアプローチがあり本堂(殿)が有り、礼拝する空間が有ります(外陣/拝殿等)、
浄土系の宗派で有れば内陣は阿弥陀如来様の住まわれる極楽浄土の
世界が再現されています。
そしてその宗派の持つ"道業"にて儀式が執り行われます。


  〈 訳のわからん奴にヤラせると 〜 〉

「これじゃぁ儀式が出来ないぜぇ、あと… 一尺でも広くしてくれたらいいのに …. .. . 」


 "カタチ" ばかりお寺と似ているだけで使い物に成らない  "無用の長物"

ただ、工務店だけが悪いのでは有りません、
合い見積もりで値段の安い所を選んだ"人間"も悪いと思います。
お金が無いのは仕方が無い、 "荘厳' を重んじる心が無いのが最も残念です。


     宗教は生きている


「 社寺専門の所にまかせよっ …  
   にわか仕込みの奴に千年以上の歴史は理解出来やしない、
少ない予算でもなんとか知恵絞って専門家にええのんにしてもらおぅ 」
(僕もあんまり分かってないけど …  …  )

 

 

  少し. 話し戻ります ♪

書の世界で云う所の 「 真・行・草 」が有ります。
"真"は正格で格式の高い、"草"はくずした風雅の体

 "木"で言うと、 「 真=柾目 草=板目 」 と成ります。

然るに宗教施設の中核に有り、最も尊ばれる荘厳装置としての木目は
"柾目" が相応しくキリッと上品でも有ります。

 

そして中核に有る荘厳の宮殿ですが、中尊と脇ではより中尊を尊ぶモノです、
然るに、軸部内柱の長押位置は中尊が一段高く、背後の向板(背板)
は柾目板と成り、脇は中尊との違いを出す為に "板目" としました。


そして、軸部内の四室の天井の仕様ですが、

・外陣→脇陣→中尊の順で天井の高さが少しずつ高くなる。

(写真二枚目の頭貫〈柱頂部の横の部材〉の内側に、天井高さの違いの

切り欠きが分かる)

・天井仕様
 * 外陣にあたる所を "鏡板"(無地板)
 * 脇陣にあたる所を "格天井"
 * 中尊にあたる所を "折り上げ小組格天井"

世の中に有る"真"の中で最も"真の中の真"と言える空間だと思います。

日本建築はよ〜出来てます(笑)


 でぇ、 中尊の向板(背後の板=背板)は正格の"柾板"

脇陣の向板ですが、タダの板目では「腑に落ちん!」
板目でも「最高の板を…」今回選んだ最高の板目が "笹杢" です。

 更には、軸部外陣天井は、内部に広がりを保たせる為に大空を想起
させる装置として、"雲"をイメージさせる笹杢の天井板をあしらう
事にしました。


 長かったのですが、先程の写真の笹杢の板にはそう言う意味が
込められています。    (話し長いねェ ゴメン…)

 

 

 ただぁ〜
そんな都合の良い板は沢山お金を積んでもあるものじゃ有りません。
台湾檜伐採禁止に成ってから、最も輸入した日本でも残り少なく選べる
ような状態では有りませんし、ましてや現在台湾本国で大きな事業が有り、
本国で台湾檜が無い為に日本の台湾檜をさらえて行っている事も有り
お金も、選材も簡単には行かない現状です、


そんな最中、 奇跡的に見付けてちゃいました♡
二年近く探し求めました、    ラッキー!


 「僕の力では絶対に無い!」と断言します。

 「今回のお仕事の"御縁"の力」と感じます。

「こんな都合よく見付かってたまるかぁ!」と言った感じです。

 


 ただ …  ご覧の通りの  "ぐだぐだ" に反り倒した板 。

コレは本国台湾で製品にしたものらしく、割れ止めに台湾の新聞が
木口付近に貼られていました。(材写真参照)

 更には、日本の管理ではあり得ないのですが、乾燥時の桟積みが
悪く、ズレた桟のカタチに【※極端!】に曲!がっ!!ています!!!

(分かり難いけど材写真二枚目参照)
また、年数が経つため"木"の性が出て捻れています。
当然の事ながら、こごんで"水溜り"の様に窪んだ所が有ります。

捻じれは写真にも写ってる様に平置きで一寸、クランプしないと
一寸五分殆どの捻じれと成ります、  残念な状態です。

コレをまともに真っ直ぐの板に仕上げると五分のニは消滅しそうです。

 

 

 

 改めて予定としては、

仕上り寸法  巾 二尺九寸三分 × 長さ 六尺四寸三分 × 厚み 約二分
           (887 × 1948 × 6㍉)

の一枚板に剥いで、今回は板の中心を1.2分(4㍉)少し強めと成りますが
ドーム状に上げるつもりです。

 

 

 

  "少し強め" というのは?


建築関係の人では無い人にも理解出来る様に書くので回りくどいの
ですが…

 

「目線上に有る横軸の直線は垂れ下がった様に見えます」

 

人間の目の錯覚によって起こるモノで例えば、
 "虹梁" とは建築では横方向の部材と成りますが、上に湾曲した様な
意匠と成ります、この様な意匠のお陰で垂れ下がった様には見えズ
自然に美しく見えてくる工夫です。
そして、是は虹を想起させる事から 「虹の梁=虹梁」としたものです。


 逆に、眼下に見える "靴脱ぎ石" の様な大きな平面は、真っ直ぐ平面に
すると真ん中が窪んだ様に見える事から、やんわりと起こしてあります。 ? 笑
 ? 実は "靴脱ぎ石" 等はこの理由よりも大命題の "水が溜まらない"
と言う理由が有っての事ですが(笑)

 

 錯覚と言えば…
社寺に於ける "軒反り" も工夫が見られます。
軒反りは遠くから観る時には重要なアウトラインですが、
美しく魅せる為に"軒反り"が用いられています
平安時代迄の軒は真反りで緩やかに美しく、どれくらい美しいのかは
平等院鳳凰堂」に行くか、十円玉を見て下さい。
(十円玉は真反りやけど軒反りはややキツイ  ん n … ビミョー )
 然しながら、鎌倉時代からは 真ん中は"真っ直ぐ"で、隅っこだけ反っている
"長刀反り" が採用されており、前代迄の "真反り"では無い為に
隅っこの反りが視覚に入っているせいで、真ん中の直線がキレイに
真っ直ぐで有っても軒の直線が上に隆起している様に見えます、
 更に古く傷みが出ているものは、隅軒に大きな荷重が掛かる為に
やや下がる事が有る為に、拍車をかけて真ん中が隆起した様に成り
「 〜〜 」みたいに成ります。

  あっ、 軒の反りは先程の軒隅の垂れ下がりが起こっても

ホントに垂れ下がったように観えない為が主題と思います。
                   (蛇足でした…)

 

 でぇ、 天井なんですが前述とよく似た人間の錯覚で、真っ直ぐ
直線で天井を造ると"垂れ下がった"様に見えます、
然るに真ん中を少し持ち上げて、 "一間一分" (流派による所が有るのかもしれんけど…知らんけど…)
とか云われたりします。


 今回は少し広がりを保たす為に、"少々強く" しかし「クドくならぬよう!」※重要
"一分強" として "気付き難い柔らかなドーム状" とする予定です。

  どお?  相変わらずメチャ長いねぇ…  (ゴメンナサイ♡)

 

 

 

 


   さて!

 

        今回の材で出来るの?

 


 「台湾檜笹杢」    ぐだぐだのグニャグニャ
    = 材として難削材
       =木目としても最難削材
            =平面でも無い。
鉋仕上げとしては "ワラウ" 笑♬ しか無いかな? (笑)
 板を三枚キチッと剥げるかな?

思った通りの形状に作れるのかな?

   天井の四方周りに隙間出来たらカッコ悪いなぁ〜

 


     楽しそうでしょ♡

 

こんなに棒削りとの違いがある難しい  "クイズ"  は始めて ですけど…

 

 

 

  シッカリと頑張って作戦立てて頑張りまぁ〜する !

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「 僕、 コレれが "板削りと棒削りの違い" だと思ってるんです。」

「 板削りに於いて台長さ九寸五分フル活用って物理的に不可能なんですよ」

 

     
         「台の総丈どれ位が適切と思います?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      

         ホントに最後のブログでした。

 

 


              おしまい!

 

 お世話になりました

https://youtu.be/7HFlGJ0_u1g

皆様短い間でしたがお世話になりました!

 

 


9月19日から正式にこのブログを始めたようです。

shitekiongaku.hatenadiary.jp

 

 

 

 

このブログはご存知の通り殆どが世の中に出ていない情報を出すように
努めたものでした。  ?

 

 と言うのは嘘で (笑)


「鉋」の世界は殆ど手付かずの事が多く、必然的に「無い情報に成る」
其れだけの事でしたが、世間に出ている情報は避けるやうに気を使いました。

井の中の蛙」的な引き篭もりでしたので知る情報は少なかったの
ですが、其の中でも少しは自分の考えを表に出す事により自分なりに
まとめる事が出来て、楽しい作業でした。

 

 「表に出す」
 
是は僕にとってちょっとしたキーワードでもあります。

 

昔から"表に出す"事を"牛の涎"よりも細いのですが、やっていた事が
有ったのですがぁ…

 

    "やりきっていない"

 

そんな所が有り納得いっていませんでした。
しかし今回は "ヤリ切る" がテーマでした。

 

まぁ、  、
まだ「鉋」に付いてはもう少し課題を残しているので
"ヤリ切る"という意味では、今一歩の継続が必要ですが …

 

然しながら "癖" として僕らしくよくやってきたとも思います、
自分の考えをまとめて文章に起こす事は大変労力のいる事で
今迄"あんなに拙い内容"であったのですが、
一つのテーマを決めて、理解し易い構成をして、
書き漏らしが無いよう気を付けて、


  しかし、   「鉋」全体の理解を構成し始めて…
結局、「序」 を書き終えた所で 終了 の運びと成りました。 (笑)

 

 

 「序」とは


「鉋」という道具を習得するにあたり何が必要か?
この事を書きました。
其れは、「機械的切削信者から鉋個体性能への覚醒」です。
要するに、鉋性能により鉋使い手としての"腕"が決定されると言う事です、
そして、刃物の中でも"特殊な切削方法"を行う「鉋」に於いて良好切削を
行う為の刃先形状を提案しました。

 

  さて、    、
必要なモノが解ったので、
「コレから"ソレ"を見付けて、物理的な目標へ加工していく」
一番おもしろ味の有る所を前にして消える事に成りました (笑)

「序」はメチャクチャ地味なので軽視されがちだと感じていますが
当然の事ながら"必要"が分からないと闇雲に頑張ってもタダの空回り
と成りますので大切な事です。

 

機械的切削〜」で想像がつくように、素晴らしい使い手としての腕が
有っても、"切れない鉋"では一生頑張っても無理!

そのような意味です。


 また、仕込み方法の事ですが、
ネットで熱心に観るまではいかないのですが少し観てみると、最もらしく
平然と間違った事を世界に発信している方や本でも同じ事を言っておられたり、
初心者の方が閲覧した時に気の毒で成りません。


 検証すると言う言葉を知らないのか? と、憤りを感じます。

 

 例えば、

「押え溝は絶対に触らない!」

               アホか?

 

一回仕込んだら"背馴じみ"は触らず"押え溝"で調節する人も居るのに

 

おそらく前者の砥石は平面で無いか、硬木が削れない緩仕込みか、
硬木の時は耳が立っている状態と推測します。

 

しかし、押え溝の調節方法や専用の道具の紹介等を紹介している記述を
殆ど見た事が無いので「押え溝は絶対に触らない!」と言う事は
世間で広く知られた常識とも感じています。
 しかし、"知る人ぞ知る情報"となる事は、日本文化の若き担い手への

弊害になると考えます。


 誰か"素晴らしい御方"が難解な鉋物理を読み解いて、
早期にテキスト化される事を切に願い、「都市伝説」の払拭に何方かぁ …

 

 それと…


 正直、僕は偉そうに言えた柄では無く欲しい情報を手に入れる迄は
決して止めませんが、まだまだ理解不能なモノも多く、そやねんけど

「鉋」への課題を全て勉強するつもりはさらさら無いです。

 

「気には成るけど誰かやって!」

 

  僕の仕事じゃぁ無い!

 

この様な一貫した考えは変わる事が無いでしょう。

 

 

 

 

話し出すと止まらない僕なので、この辺で辞めときます。

 

 

 

 

 


改めて、

「鉋はやればやる程解らなくなってくる」

 

   僕は、

「鉋は要因か複数であるが一つずつ解明していけば物理しか存在しないと気付くはず」

 

   そう固く信じています!

 

 

 


    以前に「機械的切削〜」を信じていた頃のように  (笑)

 

 

 

 

 

 

 

      今迄拙い記事を観て頂いて、心より感謝致します。

 

        皆様の御多幸をお祈りしております♡

 

  

 

 

 

 

 

 


                           敬具

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:shitekig:20170508044119j:plain

 

『削ろう会』鉋好きの皆様宜しくお願い致します。

 

 僕は、「宮殿帥」と言う寺院荘厳の素地を家業とする者です。


仕事と言うホビーをチビチビ楽しみ、引き篭もりのオタクで御座い
ます。
削ろう会誌では名前を出しておりますが… 基本的に外界との接触
を邪魔くさがる傾向が有る、ただのオタクでブログては一応名前を
伏せております。
期間限定で現状の私的な結果報告と情報収集等の目的ですが、
短い間で御座いますので、しばしお付き合いして頂ければ幸いです。

「鉋のお勉強を五年程やっておりますが〜」と言うのはウソで、
「程」と言う所がミソで、鉋ホビーとは別のホビーに約一年程明け
暮れており完全なブランクが御座います。

何故一旦辞めてしまったかと申しますと、当初の動機の目的を達し
てしまい、「果てた」と言う理由と、別の禁断のホビーが確実に押
し寄せて来た事が理由で、上手くフェードイン.フェードアウトして
しまいました。
しかし、ご存知の通り鉋の世界は、課題がてんこ盛りで、全てやる
気持ちは毛頭無いのですが、少しやり残した事がありモヤモヤ感が
御座いました、其れは工房の良い位置に金属顕微鏡が仕舞う事無く
埃を被り静かに鎮座しておった事でモヤモヤ感を知ることが出来ました。

 携帯電話機を所有しない程人付き合いが嫌いな小生ですので、
鉋友達は、皆さんのとは違いほぼ居ないのですがごく数人の友人が
出来ました。
そのウチの一人(目次○○)が2月?に講演で近所に来たのが運の尽き、
久し振りに逢ったお陰でカムバック…

    縁だったのでしょう。

ただ今回目次氏には、情報収集に多大な貢献をして頂いき感謝して
おります、有難う御座いました。

 そんな久しぶりの友人との楽しい再会も過ぎ、しばらくすると新
たな刺客から…

 〈削ろう会会報誌No79 〜ボツ原稿最初の下り〜〉

 引き篭もりの小生に一月半前に友人から電話が掛
かって参りました。
「削ろう会が有るのでご検討を」との事。
「腹の中で、それは無いなっ…」 答えが明確に出つ
ついつも親切にしていただいてるのでその場を濁し
電話を切った…
        

石社様へ
この場をお借りして、何から何までお世話になり有難う御座いました。


 実は、本当のこと言うと、何故行く気になったかと申し上げますと、
僕なりに「薄削り」と言う物に気が付けば自分的には初めて、まと
もに挑戦出来る環境が整っていたからに他なりません。
どう言う事かと申し上げますと、
 僕は、薄削りが好きではありませでした。
何故かと言うと、「鉋」一年生の頃は、よく摩耗の様子を観察して
いました、
今回の削ろう会会報誌での僕の〈研ぎ〜削り後〉の写真をご覧にな
って同じ様な事を感じられた方は多くいらっしゃったと想像します。

「研ぎなんで花火みたいに一瞬で消滅するやんけっ!
仕事でサボる為に勉強してるオレには関係あらへんわっ!!」

と言う想いに駆られたわけです、
僕の薄削りへの印象は「鉋」一年生の頃、この様に決定付けられま
した。
  コレは僕にとって以後、一種の「トラウマ」となりました。

ただ… 鉋の使い手にとって良好切削が第一の目的です!
(コレクションとかもあリますが… )
その良好切削のカギは言わずと知れた

 穴掘り3年
      鋸5年
         墨付け8年
              研ぎ一生  …

そう…  「研ぎ」 。

 「研ぎ」は、一生掛かっても無理と言う事をなのか?
もしくは、臨終間際の床で「 …   …       … 、 、 た…   あっ

  と 、 とぎぃ、
  と 、   とっ  研ぎ 、  か ん    しぇ〜    …  。 ーーーーーーーーー 」  永眠。
死ぬ前に完成?  
 含蓄のある御標語ですが何方にせよ研ぎとは、手が届くか届かない… 
奥ゆかしく「萌」最終奥義の様相ですね。

萌な感覚は素敵ですが、僕には実務上そんなん絶対イヤです!

この手に入れ難い「鉋研ぎ萌」のお陰で、人間社会の通例に従い
物理現象でありながら都市伝説の巣窟な様相と感じます。
本当の情報も有ると感じますが、情報が多過ぎて本当の事が見えて
来ません…
その中、「研ぎ」「鉋台」に於いて其れなりの答えを出した直後の
石社さんからのお電話でした、そして今回の初参加!
のびシロかまだまだ有る事を確認し、めまぐるしく楽しい時間が過ぎました。

しかしながら改めて、やればやる程迷宮入りする事が有り、
「要因(Factor)」が多いのは事実です。

しかし此れは、 物理です!

必ず出口は有ると信じています、
早く誰かが科学で解き明かしてくれて、座学のみでもそこそこ出来
る様になれるそんな教科書を世に出して頂ければ有り難いのですが、

 

10刷記念〈改訂版〉!
『一週間で匠の技! テキスト「研ぎ一生」(税込み¥1300)』
  お求めはお近くの有名書店、コンビニエンスストア、スーパーなどで ♪

 

  … 現状、まだ見ぬ書籍なので「要因」を一つ一つ解き明かして
行き、スーパーで購入出来る状態になる事が待ち望まれる。

コレについて僕は正直、「少しでもお役に立てば!」とかは考えて
おらズ、残念ながら自分の事しか考えていません。

 

 【私的指針】
「とっとと、仕事に於いて楽に、速く、サボっている様に、
これ以上の無い美しい仕上がりを!」

                 これが本分であり本心です。

 

そして今回、私なりのお勉強を文章にする事により確認はもちろん
の事、新たな気付き、それに発表する事により、ご指摘を賜れば私
信の間違いの発見も繋がりオタクよりもっとスピーディーな解決に
向うのではないか?と言う思惑が潜んでおります。

 しかしながら削ろう会会報誌は、僕にとって大層な発表の場で、
微力ながら誠心誠意皆様のお役に立ちそうな情報を掲載しなければ
いけないと言う思いが大変強いです、この事が削ろう会会報誌に於
いては最優先事項と考えております。
ブログのようなお気軽な心持ちでは望んでおりませんので批判、
お叱りの声もあろうかとは思いますが、まだまだの小生で稚拙で
御座いますのでご容赦願いつつ、暫しお付き合いの程御賜りたく
宜しくお願い致します。

ブログでは会報誌本文に対して言い忘れた事などを補足して、
不明な点等を"僅か" ながらお答え出来ればと考えておりますが…    
基本的に「鉋」を中心としたタイトル通りの「私的鉋備忘録」と

言う事ですが、頑張り過ぎてしまうのでブログでは楽に振る舞える

為、恐縮ですが私的な木工に関しての事も書くと思いますのでそんな

モノは適当にスルーして下さい、宜しくお願い致します。

 尚、『私的鉋備忘録』でのコメントは、
[お褒めの言葉、悪口]等は、前に進みませんので受け付けません、
有意義な[質問 批判]は、大変有難く思う次第で有ります。
 そしてコメント欄は、承認制で公開される事は有りません、
しかしながら管理上必ずペンネームを書いて下さい!
そのペンネームにて建設的なコメントを公開する事が有るかもしれ
ない事をご了承下さい。

ただ、有意義で御有り難いコメントでも全て対応出来ないと
思います!
この事は大変申し訳ないのですが、基本的に広く交流を持つ事が
大嫌いで、勝手ながら自分の本文を遂行する時間が大切という意味
なのですが、暫くの間は有難く全て読まして頂きます。
それに対して必ず「癖」として考えてさせていただくのは間違い有
りません!
ただ、ただ… 対応出来ずそのままフェイドアウト
してしまう事があるやもしれませんので此れだけは、
御理解宜しくお願い致します。


 短い間ですが、記事更新を致しますので 「私的鉋備忘録」 の
お見知り置きを宜しくお願い賜りたく思う所存で御座います。

 次回予定 9/26

                      敬具