『AIと人間』    NHK「人間ってなんだ? 超AI入門」始まる。

 

 

 

  どうもNHKに、「AI番組部隊」が居るようです(笑)

 

 

 

 

AI化が急速に押し迫って来る事への心の準備を啓発する意味が有るのでしょうか?

 

 


僕にとってAIは「人間」を考える為の糸口となっています、
最終的には「生命」なのですけど、「人間」としておきます。

 

「機械とAI」の急速な進化が日々アップデートされていると思いますが
"更なる進化のスピード"をもって僕達の前に現れる事でしょう、

 そんな時、

 「未来の私達の住む場所は?」 「人間の立ち位置は?」

 

コレが「機械とAI」を考えてみる事に成ったモチベーションのような気がします。
至極個人的な遊びを備忘録として書くかも分かりませんが、場末の職人が書く事
なので無視して下さいネ(笑)

 


キッカケは以下の番組で、興味の有る方は先ずAIの今を知る事が出来る内容なので
観てみて下さい。

 

youtu.be

この番組は、AIを様々な視点から観て行き、様々な問題提起をしているモノですが、
内容は分かりやすく進められており、最後に番組タイトル通りに
「AIは天使か悪魔か」で〆られています。


僕は至極普通な流れと感じましたが、皆さんはどうお感じになられるのでしょう?

 

 

 コレはコンピューターの話しですが、スパコンならどうなるのでしょう?
日本のスパコン「京」は、一秒間に一京回は計算出来るようで僕より多分かしこい
らしいです、

f:id:shitekig:20171006095524j:plain

 

更には、量子コンピューターと云うモノが現れて、普通のコンピューターの
10億倍の性能らしく、スパコンと比べると「大人と子供」? ?
それ以上の性能を発揮する可能性が有るモノが開発されつつあり、AIにとって
飛躍的な進化をもたらしてくれるらしい、 恐ろしいスピードで…


後は知る所の情報を詰め込み、電気代を滞納せずに24時間不休で
自己学習させれば、 ば、 ?…

 

youtu.be

 なんか難しくて本当なのか分からんけど?  本当っぽい

youtu.be

こっちはサイエンスZEROのモノで理解し易い、?(笑)

(特殊な環境が必要だけど、コンピューターの大きさの違いも面白い) 

 

 

 

 

 

 

 


  「生命とは何なんだろう?  人間って ?」

 


暇なのでそんな事に想いを馳せてしまう。


そんな想いにドンピシャにヒントを貰えそうな番組が始まる。


今日10/6金曜日 NHK「人間ってなんだ? 超AI入門」×12回シリーズ 

(一週見逃しても毎週再放送は有ると思います。)

 

僕の為の番組を有り難うNHKさん、
NHKさんの思惑に、すっぽりハマって仕舞いました。(笑)

 

 奇しくも今日、GoogleがAIスピーカーを発売した。

 

 

 

 

生命の神秘について長い間ボンヤリと考えていたので、
少し前に仕事をほったらかして哲学にのめり込んだ友人からの影響を端に、
生物からの観点に機械(AI)からの観点も合わせて興味は尽きないです。


僕には、暇つぶしでストレス発散の趣味としては愉しいテーマです。

 

取り急ぎですが     

           皆さんは、どうでしょう?

 

 

 

 

 

↓福岡さんも大きいのかな?

shitekiongaku.hatenadiary.jp

 

AIについての妄想記述が主になってしまってます。

 

 

 

 

 

序でにコレは芸術について↓

 

youtu.be

 

特定のジャンルやデータを入力するのでは無く
人間の知る万物の知識を入力すれば、山田さんの疑問が補えると思う。
例えば、バグや間違いやズレ等も…

特化型では無く 汎用型人工知能(様々な事に対応出来る)であればと言う事なのでしょう

 

 

 それと最後の山田さんのコメントについてですけど
僕は真逆な考えで、今迄に無い様なモノを求め続けた人間にとって
より研ぎ澄まされた表現を見出す事になるような気がする、

僕個人は芸術に於いて革新的な表現でも一回観たら、たいがいは

速攻で飽きるし、現代美術に於いては同じ表現の二度目は無い

進化した何らかのアップデートが無いといらん

 

 

 

 

 でも、  話しは変わってしまうけど…

 

新しい表現で、新しく心地良い表現は今後あとどれくらい僕達の

前に現れるんだろう?

"不変である心地良い表現" は出尽くしているように思えるけど

ホントは多分そんな事は無い(笑)

 

 

 同じような表現でも、繰り返し求めたくなる表現が有る、

例えば…

 お気に入りの音楽を繰り返して聴く

 お気に入りの建築を何度も眺める

 お気に入りの曲線を何度も眺める

 お気に入りの○○を何度も何度も愛でる  …

 

何度観ても飽きずに心地良いモノが有る

 長年に個人的な興味がある

 

心地良い形状は何なのか?

心地良い形状の正体は何なのか?

普遍的に心地良いカタチは何なのか?

より精査された黄金比は導き出せるのか?

 

話し逸れたけど、興味があります。

 

 

 

 

 

 

 

も一つ追記、

AIに関して巨匠アイザックアシモフさんの原作の近未来映画

 アンドリューNDR114

 が素晴らしく表現されています。

 

アンドロイドが人間に恋をするまでに自己学習してしまって、

そして人間に憧れて…

人間とアンドロイドの境界が曖昧になってしまった未来に

機械(アンドロイド)が取った行動とは? …

 

映画としても、せつなく素敵な作品です。

 

 

 

10/11追記

番組にも出て居られる松尾 豊さんの公演の模様を紹介しておきます。
この方は一流なので、早口なくせに大変分かり易い内容となっており
最後には日本の仕事に関してへの方向性を、具体的にアドバイスして
頂いている。
今回の紹介の中で一番面白いモノと思うので、古いモノですが良ければ
御覧になって下さい。

 

youtu.be

 

(松尾さんの"喋り方"を聴いていると、また思ってしまったのですが
 普通と言うのが一番オモシロイ! しょっちゅう"普通最強思想"が
 頭をよぎります。)

 

 

 

 

 

 

 

   でも…   一つに …  ?

 

具体的にAIに取って変わらないモノを探してみるのもオモシロイのかな?

職業とか、 なんか分からんけど …  (笑)

いずれ、映画の中のような精緻な人体(ハード)がこしらえられるでしょう

そんな中、 皆さんは具体的にどんな職業が残ると考えますか?

 

  人間にとって遊び(趣味、文化)は大変重要な事ですが、

生きて行く上で「仕事」も大切な要素だと思います。

 

でも…  仕事の無くなった時の人間の存在理由は?