読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私的鉋備忘録

カテゴリー表示のやり方が分からんのですが、タイトル下のカテゴリーをクリックするとそのカテゴリーが出て来ます。シリーズ化しているモノは時系列でお読み下さい。

【機械的切削信者から鉋個体性能存在への覚醒】   4

 


 実は… 

 


前回迄のレジェンズ達にも多少、多少… 満足行かない所も有ります。  
何かと言いますと、 目標として、終始一貫して存在する!

     「目の上のタンコブ」

 

           "米杉笹杢 "

 

「緩やかな順目/逆目角度を有し刃先食い付きが良/極難で、夏目/冬目=堅い/柔らかい=冬目の逆目が簡単に  "ペリッ!" と掘れる…」
             ⇓
          難削材   =   "米杉笹杢"!

 

 仕事で使う事はほぼ無いのですが、

この材の仕上りがあと一歩及ばない感じで、個体差は有るものの
今の所、難削材の代表選手として僕の中で君臨しています。
鉋のお勉強を始めた"最初っからの課題"です。

 

 

そう言えば、 

 

 「米杉です。」 

 

と言った時に笑った人間がいます、北海道の国本さんです。

 国本さんと初めて喋った時の事でよく覚えています、
この "笑い" は、「お前もか…  笑」そう言う事です。
(もう六年近く前になるのかなぁ〜、懐かしいけどエエ加減に心底鉋を卒業したい!)
クドいのですが、鉋を初めた最初っからの "壁" です。

 

 紆余曲折有りましたが、現時点でも「米杉笹杢」が削れれば
他の難削材も克服出来、クリアー出来る材ではないか? 
と言う思いが有ります。(追々理由を書く予定です。)


それにしても、ウチのレジェンズ達を超える鉋が存在するのか?

 

 

 

 

 

 


             否か?