読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私的鉋備忘録

カテゴリー表示のやり方が分からんのですが、タイトル下のカテゴリーをクリックするとそのカテゴリーが出て来ます。シリーズ化しているモノは時系列でお読み下さい。

『もうちょっとちゃんとした 【鉋刃硬さ判定】 4`』 への鉋に対するコメントへのコメントと 「私のつぶやき」

鉋刃硬さ判定 ただの近況報告

 

n.kさんからのコメント
「写真の20番以降が炭素鋼でしょうか? 2,4,5,12,13に見られる網目、気になります。」

載せといて名無しとは…
萌なお気持ちにさせてスミマセン。
  「写真の20番以降が炭素鋼でしょうか? 」
         ↓
管理不行き届きにより不明で不確かなので 「分らない?」が
本当の所です。
20番以降は、【硬さ比較】に出てくる鋼が混在しています。


  「2,4,5,12,13に見られる網目、気になります。」
         ↓
 「網目(亀甲)模様はダメだ!」と言う事が通例ですが、ウチの
エース鉋コンビは、この中に含まれます、
次回のブログ【副炭化物】にて少しだけ判る範囲で追記致しますので
暫しお待ち下さい。

〈鉋へのマニアックな疑問コメントお待ちしております。〉


 組織写真を撮った経緯ですが、
この時の組織写真のテーマは大した意図は無く、
メインテーマは、「鉋性能比較」です。
せっかく各種の鋼の鉋刃を集めたので、持てる鋼は全て!?
入れたのと気になる鉋刃をエントリーさせたのが今回のメンバーです。

(しかし、3〜4年前にSKH-9ハイス鋼は特殊な実験を行う為アンタッチャブル
な環境に置かれていますので実験途中で放ったらかしております…
 そう言えば同じ実験に白スーパーと炭素鋼も同じ環境に置かれている
事を思い出しましたナウ (笑)
実験内容は少々変態的なのと 、今後この実験を行うかは不確かなので
実験を行えは公表しますが現段階では伏せておきます、みうらじゅん
では無いですが「無いブーム」、僕の場合は刹那な「無いブーム」ですが…)

とにかく「鉋性能比較」なので手始めに組織写真を撮り、硬さ判定を行い、

 

 

 

 


                さぁこココからやぁ…   …

メインの削り比べと永切れ比較等をする所で行き詰まっています。
何故だかは理解に容易いと思います、 
理想的なカタチは「鉋の定量的評価」コレに限ります!

 「鉋」のお勉強を始めて暫くしてからの長〜い間のテーマです、
悩ましいの一言で何度も挫折しております、
何度もと言う事は何度も再起を図ろうとしたと言う事です。
 現状でハッキリと理解出来ているのは

  「僕には定量的観察は絶対無理!」

正直、今はヤル気なんて微塵も有りません!
理由は大変面白いと思うので機会が有れば書き記してみたいと思います。

「正直、今はヤル気なんて微塵も有りません!」


因みに今、正に取り組もうとしている事柄は、
「鉋評価です。」

 不変の象徴は、「数学の定理」でしょうか?
   その対極に有るモノの一つは「私」です。
そんなもんです…
私的、動的平衡です。
https://youtu.be/wEGlmRi1HVI

ただ、「定量的観察」は断念していますが、
ある程度の「鉋性能評価」を出来ないと「死んでも死にきれません…」
(長生きの為に鉋を評価しないと言う選択肢も視野に入っておりますが  ?◑■▼☆▷✨ )

そう言えば、「鉋」お勉強の身内の北海道の先輩、某国木+-さんと
諸事情により、喋る機会が少なく成りましたが、
(電話代がバカにならん状態に成ったので、Skype復活を強く願う! 
 取り敢えずなんとかしてくれろれっ!!!! 頼む!某国木+-! 笑)
久しぶりに改めて「鉋性能評価」について聴いてみようかな?

 兎に角、「定量的な鉋の評価がどれだけ困難か?」
この事を記事の中に少しずつ入れて行くと思います、
まとめて書く力量は今の所持ち合わせていませんし
評価方法が解らなく行き詰まっているものも有りますし、
ただ、点での理解が線に成って来ている所も少しは有ると感じてます。
まだまだなのですけど…

「鉋」の世界は奥深いのですが特別な事は無くただの物理に過ぎません、
一つずつ解決して行けば良いのですが、「全ての要因を解き明かしてやろう!」
と言う気は本当に無いですが、
仕事で必要な情報は手に入れたく、手に入れるまで辞めません。.

後もう少し…
何とか4月頃迄には何とかしたい!
時間が無い! 時間が無い! 時間が無い! 時間が無い!

 

屋根の軒反りを調べたい!!

 

 そう!軒反りと言えば今日子供の七五三に行きました、
何処の神社に行ったかと言うと,    ニヤりっ  笑

  「宇治上神社」です。
http://www.y-morimoto.com/kyoto_isan/ujikami.html

細かな説明は省きますが、
ご存知の方には説明不要な超一級の建築で素晴らしい軒反りを有します。
宇治上神社拝殿」と書いて「優美」と読みます。

あの、「縋破風(すがるはふ)」…

                     萌ぇ〜


軒だけでは無く軽快な佇まい、
拝殿建築と見る事は出来ず 「優美」と書いて「宇治上神社拝殿」

 美しい

それと、
春日神社」の祠が本殿の横に有ります。(コレは重要文化財
久しぶりに確認したのですが、我が心の師匠! 「亀岡 末吉」様が
京都の技師で、若き頃デザインされた蟇股がくっ付いています。
今は此れを含め重要文化財となっていますが、
改めて確認すると亀岡さんの芸風が前に出過ぎて少し違和感を覚えました。
以前見た時はさほど感じ無かった違和感なのですが、
僕も年を取ったのか? 「調和」に重きを置きたく成りました。
亀岡さんも若かったので晩年で有ればまた違ったデザインに成ったと
思います。

 宇治上神社と言えば本殿が最古の神社建築として大変!地味に有名ですが
古建築マニアの中で「蟇股」と言えば本建築の蟇股が必ず上げられます。
大変有名です。

 


昔、「古建築荘厳具学会」と言う物をやっていた頃、
古建築や荘厳具等に現れる「曲線」を勉強する為、「蟇股」を題材に
フィールドワーク的な志向で、宇治上神社を出発点として、近辺の様々な
時代の蟇股を有する建築を巡り、
前半〜蟇股講義(宇治上神社にて) 
後半〜各時代様式を理解するに相応しいあっちこっちの場所々の蟇股の前でクイズ形式にして
前半の内容を復習するカタチで皆であ〜だこ〜だ言って時代考証する様に
ワイワイやりながら、
最終的に、ある建築図面の蟇股が入る場所に皆其々の蟇股を描いて行く
と言うイベントをやりました。
最後の蟇股作図は其々の個性が出たりで、一日中楽しかった事を思い出しました。


 僕は「鉋」は嗜みで有り、正直ここ迄勉強する予定じゃ無かった…
   「仕事での鉋」の嗜み = 「鉋パズル」
がここ迄難問とも思っていなかった…

あともう少し、、 、
もう少しで納得行きそう、、 、
そして仕事のお勉強に復活したい、、 、
芸術の大海を思っくそ泳ぎたい、、、、 、 、
今は「日曜美術館」を毎週観る位だけど
鉋考の代わりに芸術表現についてより思いを巡らせたい、、 、

 


 ココに、必ず「鉋」の世界から消え失せる事を誓います!

 

 

 

 

 

                        「私」