読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私的鉋備忘録

カテゴリー表示のやり方が分からんのですが、タイトル下のカテゴリーをクリックするとそのカテゴリーが出て来ます。シリーズ化しているモノは時系列でお読み下さい。

「木固めエーース!」

 

「木固めエーース!」
この言葉を言う時必ず言葉の助走を付けて
マジンガーゼェーート!」と同じテンションで唱えてしまう
発声しない時も同様だ。

 木固めエーース!ご存知でしょうか?

つい二ヶ月?前位に発見!
 ※このページをご覧になってから続きをお読み下さい!
http://kigatame.com/?mode=f3    (←先程発見4kgお得!)

1リットルの三缶目をそろそろ用意しなければならない状況です、
どうゆう事かと言うと相当気に入っていると言う事です。 (笑)

何でもかんでも木固めエーース!
工房みぃ〜んな木固めエース!
治具には、当然木固めエース!
定規の側面木固めエース!
当然砥台も木固めエース!
鉋の台は?        勿論木固めエーーース!!!

       エエで!
という訳です。
名前の通り木固めに特化した物になり粘度がシャバシャバで、
含浸率が抜群に良い!
木固めを施すのに重要なのがシャバさという事が改めて確認出来た
気がしました。
 細胞内に含浸すれば樹脂化されて木材の狂いを抑え、
水分は先程の紹介ページにもあった通り食器に使用される位なので
水分、湿気問題は完全解消!
素晴らしいでしょう!
仕事用鉋台に使いたくなるでしょう!
序に薄削り用台にもバッチリ使える!
と、思ってたら既に知る人ぞ知る物であったようで
まあまあ遅い「木固めエース」デビューだと思いますが
まだ僕のように知らなかった人はオススメです。

 

shitekiongaku.hatenadiary.jp

 

前回予告しましたが 【希釈した塗料の摺り込みによる含浸深さ】
の実験計画草案報告です。

 

  本題です、


木固めエースが優れていそうなのは何となく理解出来るんですけど
含浸した所は安心で水分を通さない性能は間違いないでしょうけど
さてどの様に?どれ位含浸するのでしょうか?
其れを今回、簡単な実験をしてみたいと思います。


 *被試験材
今回の試験材は米檜/欅/白樫です、
 *含浸材
含浸具合を確認する事が目的なので、色が付いている物が
確認し易いので今回は、生漆をシャバシャバに希釈した物を使用し
ます。

 *方法
基本は、針葉樹の米檜ですが選択理由は丁度手頃なのがあっただけ
ですが、この基本材で木目(繊維細胞)の違いによる浸透具合を
確認します。

f:id:shitekig:20161012220441j:plain


(多少の変更有ります!) (あっ、写真反対や… 今回はこれで…)

 

右から試験体1,2,の説明、
A , 1,『板目/柾目(本柾目)』 2,『追い柾』(角度40°/50°)の違いが有り長さは○○○○の物
  以下同じ↴
B , 木目(繊維細胞)は、平行で『角度 = 0°』
C , 『鉋仕上げ』と『ペーパー仕上げ』(#)で仕上げた面を折り矩 二種二面を比較
D , 幅さを5等分して1〜5回の摺り込みを比較
 3,〜
E , 木目(繊維細胞)方向が『角度 = 3°』で本柾目で、3,が生漆3'が希釈生漆
 4,〜
F , 木目(繊維細胞)方向が『角度 = 6°』で本柾目 で、4,が生漆4'が希釈生漆
 5,6〜
G , 木目(繊維細胞)方向が『角度 = 9°』で本柾目/板目
この試験体は、二つ共に希釈生漆(シャバシャバ)
H, 摺り込みが仕上がった状態の長手方向を長さ二分切り落とし木口断面を
『板目/柾目/追い柾』と『木口』断面への染み込み具合を顕微鏡で観察

以上A〜Hが観察する項目で有る。

A〜Gの浸透深さ測定は鉋にて削り厚を薄く→厚くテーパー状に削り
生漆色素が最厚に染み込んだ所の厚みも測ってみた(ミツトヨシックネスゲージ


摺り込み作業は、熟練した漆塗り職人が執り行う。
方法は、#○○のペーパーにて1,2の折り矩をペーパー仕上げし
少し粘度の有る塗料(生漆)と粘度の低い希釈した塗料(希釈生漆) 
をウエスにて擦り込んでいく物今回は誰もが行える様な方法で執り行った。
漆工芸の「摺り漆仕上げ」の様な特殊で技術の要る方法では無く
あくまでも【希釈した塗料の摺り込みによる含浸深さ】を観察する
目的である。


①『板目/柾目/追い柾/木口』での 浸透深さの違い?

②木目(繊維細胞)角度 の違いでの浸透深さの違い? 0/3/6/9°』

③『鉋仕上げ』と『ペーパー仕上げ』の違いによる浸透深さの違い

④摺り込み回数による浸透深さの違い?

⑤粘度違いによる 浸透深さの違い?(生漆/希釈生漆=粘度は0)

 

 

 

忘れかけてました、環孔材の代表選手で導管の大きいく一般的に
木目と云われる所が針葉樹とは全く違う 「欅」も試験体に、
それと皆様の一番気になる?「白樫」も試験体に、
詳しくは全て実験が終り文章をまとめた時に発表致します、
何かと忙しいので気長にお待ちください。
その旨宜しくお願い致します!


      


                     何時?具…