読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私的鉋備忘録

カテゴリー表示のやり方が分からんのですが、タイトル下のカテゴリーをクリックするとそのカテゴリーが出て来ます。シリーズ化しているモノは時系列でお読み下さい。

「近況」     28,10/7

 

 

 

 

   【サボってます】

コレを観て頂いてる方へ
いつも誠に閲覧して頂いて有り難う御座います!

実は、鉋の事を書いていますが仕事以外で暫く鉋を
ほぼ触っていません。

過去の記憶と写真で記事を書いています、
ご存知の通り「鉋」の世界は泉の如くネタの宝庫です。
下書きだけで …   ?   20ネタは有るでしょう
今まで行ってきたことをまとめるだけで相当な文章を書かなければ
なりません。
勿論、せっかくなので皆様のお役立ち、?、???
少しでも、、、、、、  な物を優先してまとめています。
如何せん筆が超鈍速である為、会報誌の原稿に於いては、
大会後仕事をサボりながら締め切りギリギリ迄ずっと書いていました
そしてあの稚拙な文章です…

今は書き溜めて修正したモノを小出ししております。

そして本当に現況ですが、
今、巾十一尺×奥行き七尺宮殿(大唐破風)
巾八.七五尺×奥行き七尺須弥山壇
の、      台湾檜素木、  …
の仕事をしています、(納期がヤバイ!)
材料は何とか集められました。
ご存知の方もおられるとは思いますが、20年以上前に伐採禁止
になり、多く輸出されたのが日本で世界中の山を今もハゲ山に
するのが得意な民族性が有ります!  (アホ日本人、自分を含め)
それはそうと、屋久杉等と同様残ってるモノだけです。
難削材でビックリする程乾燥しています、 
それはそうと、近頃台湾人の方が躍起になって台湾檜を
探しています、どうもハッキリ知りませんが台湾の由緒ある
建物を建てているそうで、兎に角本国に材が無いので日本全国
の台湾檜をさらえていってます、
お陰でえらく高い値が以前より増して付いています。
その中尾州檜と見間違う人もいる様な美しい台湾檜を集め
仕事をしています。(普通の赤い色目では無いもの)
多分まぐれで集められました、縁としか思えません。
今、主に厚み三寸五分、巾尺二寸〜尺四寸5メータの材をブツブツ
言いながら、ブツブツと切っています。
大変勇気のいる木取りです、ガンダムでは有りませんが「白い」
物は極めて有限なので材料が足りるかも心配しながら、
色、節、アテ、割れそして全体の調和が取れる木目を観察しながら
仕事をしています。
正直体力も気も使い文章を書くより遅いです。  (笑)

f:id:shitekig:20161006234431j:plain

(どうでもいいんですが立て掛けている上の方に幅広の板が有りますが四尺巾の花梨、誰かいりません?)

 

 

 そんな中、得意先には死んでも言え無い事ですが、
作業台を10日… 位かけて作っていました。
長年の憧れで構想期間も長かったですがようやく完成に至りました!
「本当におめでとうございます。」 「ありがとう!嬉しいです!!」
「感激です!!!」
暫く熱かったです、また何れご紹介したいと思います。

 そして最近、道具を沢山揃えました正直爆発的に増えました。
金銭は大きく無いですが時間が半端じゃない事に成りました!
全ては、長いプロジェクトの【台湾檜素木 宮殿、須弥壇】の
為のです。
おそらく台湾檜でこんな大きな仕事は僕で最後かな? 多分
色々な意味でこの仕事にのめり込んでいます。

 

 


 

 其の一環でもあるのですが、「道具としての光源」と言うモノに
取り組んでいます。

f:id:shitekig:20161007001340j:plain

(コレは窓からの太陽光で32角形を角度を変えて見た時の陰影の様子)

f:id:shitekig:20161007002734j:plain

(コレは蛍光灯の下での撮影、被写体の形を変えてしまってますが、)

蛍光灯は陰影を全て飛ばしてしまっていて、理想は陰影が全てにおいて

付けば立体を把握し易く仕事が出来て理想的。


つい先日、彫り師さんと夜遅く迄実験をしていました、
実りの多い時間が持ててお互い楽しい時間を過ごせました。
造形や木工等をやっておられる方にしか分かりにくいですが
夜の蛍光灯の下で仕事をして、朝確認したら人前に出せない
代物に成っている事を経験した方は多いと思います。
 しかし!
削りや彫刻等の仕事を夜やっても、朝に残念な事が起こらない
状態に迄持っていく事が出来ました!!!
この事を出来れば文章にまとめたいのですがまだ完全に把握
出来ていないと思います、しかし幾つかの法則を見つける事が
出来たので、文章にまとめるのは大変困難ですが紹介出来れば
いいなぁ〜 と考えてます。  ?

 

f:id:shitekig:20161006234331j:plain

 

 

  でぇ、
次の日曜日に別の実験を行います。
コレも長年のテーマの一つで「木固め」についての実験の
一つで、漆等で木固め(そのまんまで木の動きを止めようと
して、樹脂を含浸させる方法)してどれ位木材に樹脂が含浸
するのか?
以前米檜の板目摺り漆で30μ未満しか含浸していなかったのが
印象的で他の材種等でも確認する為です、
鉋の台を狂い難く出来る事にも繋がるので
大変楽しみな企画です!

そう言えば近々、削ろう会大会決勝進出者のS君が遊びに
来るのでそれも楽しみです。

 

  取り敢えずブログ記事を書くのが遅い言い訳の記事でした。

 

 

                    謝具